21-40 / 55

    • TA 多様化する暮らしと社会に関する調査(GLOCON2010) [Japanese only] 

      GL グローバル消費文化研究会 / 間々田孝夫/ 廣瀬毅士 (廣瀬毅士, 2013-08-08)
      現代日本の消費社会についての、経験的データにもとづいた実証的な社会学的研究をめざしたもの。具体的な調査課題としては、脱物質主義化、若年層における消費動向と消費意識の変容、消費とリスク/監視をめぐる様態など。
    • SY 職業のイメージに関する調査 [Japanese only] 

      HA 林拓也 (林拓也, 2013-07-05)
      キャリア形成期にある男性被雇用者の職業認知および職業志向の構造と、それらと関連する属性要因を明らかにする
    • SY 職業に関する意識と社会的ネットワークについての調査 [Japanese only] 

      HA 林拓也 (林拓也, 2013-06-18)
      キャリア形成期にある男性被雇用者がもつ今後のキャリア志向と、それに影響することが想定される社会的ネットワークの効果を明らかにする
    • TI 地域の生活課題と住民力に関する調査 ’09 [Japanese only] 

      MO 森岡清志 / 世田谷区 (森岡清志立教大学社会情報教育研究センター, 2013-02-15)
      世田谷区における地域住民のつながりが、住民の行動にどのような効果をおよぼし、また地域の特性とどのようにかかわりあっているのかを明らかにする
    • SY 社会意識に関する仙北地域住民調査 [Japanese only] 

      HA 原純輔 / 村瀬洋一 / 井出知之 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2013-01-21)
      仙台市の北に隣接する農村地域7町村の有権者を母集団とした社会意識に関する調査
    • SE 世田谷区の高齢者の生活実態調査 [Japanese only] 

      TO 東京工業大学 浜田研究室 (澤岡詩野立教大学社会情報教育研究センター, 2012-12-11)
      都市部の一般在宅高齢者の余暇活動と就労状況について明らかにするために,本調査を計画した.余暇活動では旅行に焦点をあてた.就労については,生きがい就労を考慮し,有償・無償に関わらずなんらかの組織に所属し社会に貢献することと定義し,就労を行っているものの特性と就労を探す手段について調査を行った。
    • TA 退職調査 [Japanese only] 

      TA 退職者会 / (財)ダイヤ高齢社会研究財団 (澤岡詩野立教大学社会情報教育研究センター, 2012-11-13)
      東京都のX区役所退職者会の会員を対象に、退職後の生活実態について調査を実施した。
    • KU 暮らしと仕事についての東京住民調査(TGSS2010) [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部 / 間々田孝夫 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-10-02)
      「東京版総合社会調査プロジェクト」というテーマで、東京都全域を母集団として無作為抽出を行い、2000人を対象とし、様々な質問項目を設定して総合社会調査(GSS)を実施した。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      MU 間々田孝夫(代表) / 村瀬洋一 / 河村和徳 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-09-18)
      どのような人々が経済的、精神的打撃を受けたのかについて、災害研究と社会階層研究における、これまでの研究成果を踏まえつつ、仙台市において無作為抽出を行い2100人を対象とした統計的社会調査を実施した。
    • KU 暮らしと仕事についての豊島区民の意識 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 村瀬研究室 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-06-12)
    • DA 大学生のジェンダーと子育て意識・行動に関する調査 [Japanese only] 

      MU 村瀬洋一研究室 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-03-16)
      立教大学生の、ジェンダーと子育て意識・行動に関する調査(学部生による卒業論文に用いられた調査)
    • JO 女性の就業とサポートネットワークに関する調査 [Japanese only] 

      YA 安河内恵子 (安河内恵子立教大学社会情報教育研究センター, 2012-02-28)
      本研究の目的は、①女性の就業の様態および継続とパーソナルネットワークの特質との関係、②家族や親族以外のネットワークが就業継続にどのような支援的機能を果たすか、③パーソナルネットワーク以外の諸変数(意識や夫の家事育児参加、専門サービスの利用可能性等)はどのような効果をもっているか、④就業継続に対するパーソナルネットワークの効果の都市間比較、の4点を明らかにすることにある。
    • TA 多様化する暮らしと社会に関する調査(GLOCON2007) [Japanese only] 

      GL グローバル消費文化研究会 / 間々田孝夫 (間々田孝夫立教大学社会情報教育研究センター, 2012-02-14)
      グローバル化する日本の消費文化、とりわけ、日本の消費文化の画一化と非アメリカ的多様化の実相を明らかにする
    • SU 住みよいまちづくりと地域の国際化についてのアンケート [Japanese only] 

      NO ノートルダム清心女子大学 文学部現代社会学科地域社会学研究室/二階堂裕子 (二階堂裕子立教大学社会情報教育研究センター, 2012-01-20)
      阪神・淡路大震災の被災地である神戸市の住民を対象に、被災経験がコミュニティや防災に対する意識といかなる関連をもつか、また、それらが他のエスニック・グループとの関係形成にいかなる影響を与えているかを明らかにする。
    • KO 高校管理職者の教育と職業意識に関する全国調査 [Japanese only] 

      KO 小島秀夫 (小島秀夫立教大学社会情報教育研究センター, 2011-06-28)
      これまで実施されなかった高校管理職者の全国調査を実施し、日本の高校管理職者の実態の解明を行う。
    • YO 養護教諭の社会意識と教育意識に関する全国調査 [Japanese only] 

      KO 小島秀夫 (小島秀夫立教大学社会情報教育研究センター, 2011-06-24)
      養護教諭の全国調査を実施し、養護教諭の実態の解明を行う。
    • KY 教師の社会意識と教育意識に関する全国調査 [Japanese only] 

      KO 小島秀夫 (小島秀夫立教大学社会情報教育研究センター, 2011-06-23)
      これまで実施されなかった教師の全国調査を実施し、日本の教師の実態の解明を行う。
    • SY 社会意識に関する仙台市民調査 [Japanese only] 

      MU 東北大学文学部行動科学研究室 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2011-04-01)
      仙台市民の社会意識に関する調査
    • SE 生活環境についての新座市民調査 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2011-04-01)
      ごみ排出や環境問題に関する人々の意識と行動にかんする調査
    • SE 生活と環境に関する仙台市民意識調査 [Japanese only] 

      SE 生活環境研究会 / 海野道郎 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2011-04-01)
      仙台市民の環境に関する意識を調査した。