Show simple item record

Study Number0001ja_JP
Title東京版総合社会調査「高齢・少子社会における都市居住と家族・親族関係に関する調査」ja_JP
AbbreviationTGSS2000ja_JP
Principal Investigator / Authoring Entity東京都立大学都市研究所/松本康ja_JP
Funding Agency / Sponsor東京都立大学都市研究所共同研究Ⅰja_JP
Depositor松本康ja_JP
Abstract高齢少子化・高度情報化・グローバル化などの趨勢のもとにおかれている大都市東京の都市社会構造と社会意識の変化を経年的に明らかにする。ja_JP
Subject Terms社会的ネットワークja_JP
 都市社会構造ja_JP
 社会意識ja_JP
Disciplinesurban sociology | 都市社会学ja_JP
 sociology | 社会学ja_JP
Universe20歳以上70歳未満の東京都民(島嶼部は除く)ja_JP
Date of Data Collection2000年9月ja_JP
Geographic Coverage東京都港区、大田区、世田谷区、清瀬市、あきる野市ja_JP
Sampling Procedures層化多段系統抽出法により、各調査地から600ケースを抽出ja_JP
Sample Size3000ja_JP
Response Rate987ja_JP
Number of Valid Responses32.9%ja_JP
Unit of Observation個人ja_JP
Mode of Data Collection郵送配布・郵送回収法ja_JP
Variables年齢、性別、家族状態、社会経済的地位、集団参加、社会的ネットワーク、職業移動、家族意識ja_JP
Related Publications(1) 松本康・原田謙, 2001, 「2000年東京総合社会調査の概要――調査設計、調査方法、回答率」『総合都市研究』, 76: 17-24.ja_JP
 (2) 松本康編, 2004, 『東京で暮らす――都市社会構造と社会意識』東京都立大学出版会.ja_JP
Conditionセンターによる承認ja_JP
URIhttp://hdl.handle.net/10577/57
Date of Distribution2010-10-01
Bibliographic Citation「東京版総合社会調査2000」, 2000(寄託者:松本康 配布者:立教大学社会情報教育研究センター)ja_JP


Files in this item

Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record