Now showing items 1-2 of 2

    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/MU 村瀬洋一 (村瀬洋一, 2018-09-10)
      本研究は独自の統計的社会調査を行い、他の調査と比較可能な形で、調査データの計量分析を行うものである。研究目的は、各種の社会意識や行動、復興に関する政策、原子力発電政策への志向、人間関係保有に関して、その規定因を解明することである。とくに、ネットワーク保有と意識の関連に着目する。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/間々田孝夫(代表)/村瀬洋一/河村和徳 (村瀬洋一, 2017-06-26)
      どのような人々が経済的、精神的打撃を受けたのかについて、災害研究と社会階層研究における、これまでの研究成果を踏まえつつ、2011年に仙台市民を対象に行った調査(2011年仙台調査)の回答者1532人に対して,パネル調査を実施した.