Show simple item record

Study Number0075ja
Titleコロナ禍の日本社会における意識と行動に関する調査ja
Principal Investigator / Authoring Entity立教大学社会学部2020年度「社会調査演習」/ 大野光子・明戸隆浩ja
Depositor大野光子ja
 明戸隆浩ja
Abstract本調査は、「コロナ禍の日本社会で人びとがどのように行動し、どのような意識をもっているのか」という大きなテーマのもとで、履修学生の関心の基づいて、(1)日常生活に関わるもの、(2)社会の多様性に関わるもの、そして(3)教育に関連する質問項目を立てた。ja
Subject Termsコロナ禍ja
 意識と行動ja
DisciplinesSociology | 社会学ja
Universe関東・中部・近畿に在住する25~64歳の男女ja
Date of Data Collection2020年ja
Geographic Coverage茨城県ja
 栃木県ja
 群馬県ja
 千葉県ja
 東京都ja
 神奈川県ja
 新潟県ja
 富山県ja
 石川県ja
 福井県ja
 山梨県ja
 長野県ja
 岐阜県ja
 静岡県ja
 愛知県ja
 三重県ja
 滋賀県ja
 京都府ja
 大阪府ja
 兵庫県ja
 奈良県ja
 和歌山県ja
Sampling Proceduresインターネット調査(性別・年代・居住地域で割付)ja
Sample Size960ja
Response Rate960ja
Number of Valid Responses100%ja
Unit of Observation個人ja
Mode of Data Collectionリサーチモニターを対象としたインターネット調査ja
Variables幸福度ja
 生活満足度ja
 社会的孤立の意識ja
 寄付への意識ja
 メディアの利用頻度ja
 政治意識ja
 外国人住民に関する意識ja
 セクシャルマイノリティへの意識ja
 教育経験ja
 進路選択ja
 大学教育への意識ja
Conditionセンターによる承認ja
URIhttp://hdl.handle.net/10577/226
Date of Distribution2022-01-27
Bibliographic Citationコロナ禍の日本社会における意識と行動に関する調査(寄託者:大野光子・明戸隆浩 配布者:立教大学社会情報教育研究センター)ja


Files in this item

Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record