Show simple item record

Study Number0061ja
Title都市生活と家族に関する意識調査ja
Abbreviation第二回朝霞・山形調査ja
Principal Investigator / Authoring Entity日本女子大学人間社会学部心理学科 教授 石黒 格ja
Funding Agency / Sponsor2013 ~ 2015 年度 日本学術振興会科学研究費補助金(研究課題番号25285158)「日本人のパーソナル・ネットワークの変化を捉える」ja
Depositor石黒格ja
Abstract1993年に行われた「朝霞・山形調査」(ruda0003)を忠実に再現することにより、日本社会が大きな変動にみまわれた20世紀末から21世紀初頭の、約20年間における日本人の社会関係と家族意識の変化を確認する。ja
Subject Termsパーソナル・ネットワークja
 ソーシャル・サポートja
 家族意識ja
 都市度ja
 ICTja
DisciplinesUrban Sociology | 都市社会学ja
Universe山形県山形市・埼玉県朝霞市の満20 歳から65 歳の既婚の男性とその妻ja
Date of Data Collection2014 年6月19 日 ~ 2014 年7月13 日ja
Geographic Coverage山形県山形市ja
 埼玉県朝霞市ja
Sampling Procedures層化2段無作為抽出法ja
Sample Size山形市 800 組ja
 朝霞市 800 組ja
Response Rate山形市 夫 390 妻406ja
 朝霞市 夫 354 妻376ja
Number of Valid Responses山形市 夫48.8% 妻50.8%ja
 朝霞市 夫 44.3% 妻47.0%ja
Unit of Observation個人ja
Mode of Data Collection調査員による個別訪問留置法ja
Variablesネットワーク・サイズja
 家族意識ja
 ソーシャル・サポートja
 両親/義両親との接触頻度ja
 夫婦の家事分担ja
 もっとも親しい友人2名との関係性ja
Related Publications石黒格(編著). 2018. 『変わりゆく日本人のネットワーク:ICT普及期における社会関係の変化』勁草書房ja
URIhttp://hdl.handle.net/10577/221
Date of Distribution2019-07-02
Bibliographic Citation都市生活と家族に関する意識調査(寄託者:石黒格 配布者:立教大学社会情報教育研究センター)ja


Files in this item

Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail

This item appears in the following Collection(s)

Show simple item record