アイテムの簡略レコードを表示する

調査番号0041ja_JP
調査名第4回 地域と生活についての武蔵野市民調査ja_JP
調査略称第4回 武蔵野市調査ja_JP
調査主体 / 調査代表者成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾ja_JP
調査資金成蹊大学ja_JP
寄託者成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾ja_JP
調査概要人びとが地域(武蔵野市や吉祥寺)や生活についてどのように考えているかを明らかにすることを目的とした。ja_JP
キーワード吉祥寺との関わりja_JP
 武蔵野市での生活、ja_JP
 普段の生活ja_JP
研究分野survey methodology | 社会調査法ja_JP
 sociology of local community | 地域社会学ja_JP
母集団22~69歳の武蔵野市民ja_JP
調査時期2009年7~8月ja_JP
調査地域東京都武蔵野市ja_JP
標本抽出法二段無作為抽出法ja_JP
標本サイズ300ja_JP
有効回収数215ja_JP
有効回収率71.7%ja_JP
観察単位個人ja_JP
調査方法郵送ja_JP
主要変数地域の施設利用ja_JP
 ライフスタイルja_JP
 居住年数ja_JP
 家族とのつながりja_JP
 環境への意識ja_JP
 生活満足度ja_JP
 これまでの学生生活ja_JP
 階層帰属意識ja_JP
関連資料小林盾、相澤真一(編)『成蹊大学社会調査実習 2009 年度報告書―第4回 地域と生活に関する武蔵野市民調査―』成蹊大学社会調査士課程, 2010年.ja_JP
 小林盾、武藤正義、渡邉大輔、香川めい「回収率 70%への挑戦─郵送調査の可能性─」第86回日本社会学会報告, 2013年10月.ja_JP
URIhttp://hdl.handle.net/10577/175
公開日2014-04-23
引用時の表記「第4回 地域と生活についての武蔵野市民調査」, 2009(寄託者:成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾 配布者:立教大学社会情報教育研究センター)ja_JP


このアイテムのファイル

Thumbnail
Thumbnail

このアイテムは次のコレクションに所属しています

アイテムの簡略レコードを表示する