• 2007 GMFS - 10 City Survey "Quality of Life Survey" 

      GL The Global Metropolitan Forum of Seoul (松本康立教大学社会情報教育研究センターデータアーカイブ, 2010-10-01)
      The Global Metropolitan Forum of Seoul made a survey focusing on Quality of Life and Happiness. This Survey was carried out in ten major cities around the Northern Globe.
    • DA 大学生のくらしと仕事意識についてのおうかがい [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会学科2009年度「応用調査実習」/村瀬洋一・廣瀬毅士・本田量久 (立教大学社会学部/廣瀬毅士, 2015-09-21)
      質問紙調査を通じて、親の就労形態、親のジェンダー意識、高校・大学における学生生活、ネットワークが大学生の仕事意識とどのように関連しているかを明らかにする
    • DA 大学生のジェンダーと子育て意識・行動に関する調査 [Japanese only] 

      MU 村瀬洋一研究室 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-03-16)
      立教大学生の、ジェンダーと子育て意識・行動に関する調査(学部生による卒業論文に用いられた調査)
    • DA 第2回 地域と生活についての武蔵野市民調査 [Japanese only] 

      SE 成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾 (成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾立教大学社会情報教育研究センター, 2014-02-17)
      人びとが地域(武蔵野市や吉祥寺)や生活についてどのように考えているかを明らかにすることを目的とした。
    • DA 第3回 地域と生活についての武蔵野市民調査 [Japanese only] 

      SE 成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾 (成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾立教大学社会情報教育研究センター, 2014-03-25)
      人びとが地域(武蔵野市や吉祥寺)や生活についてどのように考えているかを明らかにすることを目的とした。
    • DA 第4回 地域と生活についての武蔵野市民調査 [Japanese only] 

      SE 成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾 (成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾立教大学社会情報教育研究センター, 2014-04-23)
      人びとが地域(武蔵野市や吉祥寺)や生活についてどのように考えているかを明らかにすることを目的とした。
    • DA 第5回 地域と生活についての武蔵野市民調査 [Japanese only] 

      SE 成蹊大学文学部 社会調査士課程/小林盾 (成蹊大学文学部 社会調査士課程(小林盾)立教大学社会情報教育研究センター, 2014-04-23)
      人びとが地域(武蔵野市や吉祥寺)や生活についてどのように考えているかを明らかにすることを目的とした。
    • GE 現代の暮らしと環境に関する調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会学科2008年度「応用調査実習」/廣瀬毅士・本田量久 (立教大学社会学部/廣瀬毅士, 2014-11-26)
      近年の日常生活において浸透・定着した感のある環境に配慮した意識や行動の実態、さらにそれらとの関連を知るべく基本属性や階層的地位(性別.婚別.家族構成.教育.職業.所得など)さらに社会意識.政治行動などの設問をおいた.
    • IW 岩手県 暮らしと人間関係に関するアンケート [Japanese only] 

      KA 東北大学大学院文学研究科行動科学研究室 / 籠谷和弘 (立教大学社会情報教育研究センター, 2010-10-01)
      地域社会の特性によって、ネットワーク構造や地域活動・政治活動の参加状況に違いがあるのかを検証するために、岩手県内の4市町村の住民を対象に調査を行った。
    • JO 女性の就業とサポートネットワークに関する調査 [Japanese only] 

      YA 安河内恵子 (安河内恵子立教大学社会情報教育研究センター, 2012-02-28)
      本研究の目的は、①女性の就業の様態および継続とパーソナルネットワークの特質との関係、②家族や親族以外のネットワークが就業継続にどのような支援的機能を果たすか、③パーソナルネットワーク以外の諸変数(意識や夫の家事育児参加、専門サービスの利用可能性等)はどのような効果をもっているか、④就業継続に対するパーソナルネットワークの効果の都市間比較、の4点を明らかにすることにある。
    • KO 高校管理職者の教育と職業意識に関する全国調査 [Japanese only] 

      KO 小島秀夫 (小島秀夫立教大学社会情報教育研究センター, 2011-06-28)
      これまで実施されなかった高校管理職者の全国調査を実施し、日本の高校管理職者の実態の解明を行う。
    • KU 「暮らしの中の多文化と政治・社会意識」についてのアンケート調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会学科2010年度「応用調査実習」/佐野麻由子・廣瀬毅士; RI 立教大学経営学部2010年度「社会調査実習」 (立教大学社会学部/廣瀬毅士, 2015-12-02)
      伝統文化や異文化への受容行動や意識が日常の生活行動や消費行動とどのように関連しているかを明らかにすることをめざした
    • KU くらしと教育についての仙台市民意識調査 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2010-10-01)
    • KU くらしの中の文化と政治・社会意識についてのおうかがい [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会学科2012年度「応用調査実習」 立教大学経営学部2012年度「社会調査実習」/廣瀬毅士・佐野麻由子・山本耕資 (立教大学社会学部/廣瀬毅士, 2016-09-15)
      複雑化した日本の都市社会において、日常の生活行動の中でどのような異文化体験を人々が経験しているかを明らかにすることをめざした
    • KU くらしの中の文化と政治・社会意識についてのおうかがい [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会学科2013年度「応用調査実習」・立教大学経営学部2013年度「社会調査実習」/廣瀬毅士・森いずみ・曹慶鎬 (立教大学社会学部/廣瀬毅士, 2017-04-24)
      国際化した日本の都市社会において、日常の生活行動の中で経験する多文化接触について人々がどのような意識を持っているかを明らかにすることをめざした
    • KU 暮らしと仕事についての東京住民調査(TGSS2010) [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部 / 間々田孝夫 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-10-02)
      「東京版総合社会調査プロジェクト」というテーマで、東京都全域を母集団として無作為抽出を行い、2000人を対象とし、様々な質問項目を設定して総合社会調査(GSS)を実施した。
    • KU 暮らしと仕事についての豊島区民の意識 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 村瀬研究室 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-06-12)
    • KU 暮らしと仕事に関する仙台市民調査 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2010-10-01)
    • KY 教師の社会意識と教育意識に関する全国調査 [Japanese only] 

      KO 小島秀夫 (小島秀夫立教大学社会情報教育研究センター, 2011-06-23)
      これまで実施されなかった教師の全国調査を実施し、日本の教師の実態の解明を行う。
    • KY 教育と友人関係に関する調査 [Japanese only] 

      MO 東京都立大学都市研究センター / 森岡清志 (松本康立教大学社会情報教育研究センター, 2010-10-01)
      居住地特性及び学歴(学校歴)が友人関係に及ぼす影響について明らかにする