Now showing items 32-51 of 74

    • NI 21世紀の消費とくらしに関する調査 (GLOCON2016) [Japanese only] 

      GL グローバル消費文化研究会 / 間々田孝夫 (間々田孝夫, 2022-10-03)
      本調査は、現代社会における消費文化の諸相を主に「社会的消費」、「質的高度化」、「消費主義」の観点から実証的に把握することを目的としている。ふだんの消費生活をめぐる価値・意識を中心に尋ね、基本属性や社会経済的地位との関連性を分析することが狙いとされている。
    • NI 新座市民の地域生活に関する調査 [Japanese only] 

      KA 立教大学コミュニティ福祉研究所、埼玉県、新座市/ 和秀俊 (和秀俊立教大学データアーカイブ(RUDA), 2013-09-20)
      企業退職者の男性が地域生活者となるための要因を探る
    • NI 日本の国際化についての世論調査 [Japanese only] 

      IS 石田 淳 (石田 淳, 2017-02-12)
      現代日本のナショナル・アイデンティティの様態をブール・カテゴリー分析(石田 2016)によって把握するために,国籍・在住・血統・言語の4条件からなる16通りのヴィネットを構成し,それぞれについてに「日本人」であるかどうかの判断を求めた.同時に,ナショナル・アイデンティティ,ナショナリズム関連の質問,社会経済的地位に関する質問も行った.
    • PA パーソナルネットワークに関する地域間・都市間比較調査 [Japanese only] 

      MO 森岡清志 (森岡清志, 2010-10-01)
      都市規模の異なる三都市(福岡市・熊本市・徳島市)で、パーソナルネットワークを調査・比較した
    • RA ライフスタイルと社会意識に関するアンケート調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部2021年度「社会調査演習」/大野光子・明戸隆浩 (立教大学社会学部/大野光子・明戸隆浩立教大学社会情報教育研究センター, 2023-08-25)
      本調査の目的は、ライフスタイルが多様化する日本社会において人びとがどのような社会意識をもち、それらがどのような行動を促進しているのかを明らかにすることである。
    • SA 佐久間町の地域づくりとくらしに関する調査 [Japanese only] 

      SA 「佐久間町の地域づくりとくらしに関する調査」研究会/丸山真央 (丸山 真央立教大学社会情報教育研究センターデータアーカイブ, 2014-05-26)
      高齢化と人口減少が進む山間地域における地域生活と住民意識を明らかにする。
    • SA 産業・職業と地域生活に関する調査 [Japanese only] 

      NA 名古屋大学文学部社会学研究室 / 松本康 (松本康立教大学社会情報教育研究センターデータアーカイブ, 2019-09-19)
      名古屋市における代表的な製造業集積地として南区T学区を取り上げ,住民の居住移動歴や職業移動歴,パーソナル・ネットワークの在り方,地域生活の在り方などを捉えるとともに,それらが特に同地域での製造業の集積とどのような関わりを持っているのか,そして以上の点が時系列的にどのように変容しているのかを探ることを目的とする.
    • SE 世田谷区の市民活動団体に関する調査 [Japanese only] 

      SE せたがや自治政策研究所(世田谷区政策経営部政策研究・調査課) (せたがや自治政策研究所(世田谷区政策経営部政策研究・調査課)立教大学社会情報教育研究センター, 2023-03-29)
      世田谷区内に所在しているNPO・市民活動団体の活動実態や行政との関係、地域の団体との連携の状況を明らかにする。
    • SE 世田谷区の高齢者の生活実態調査 [Japanese only] 

      TO 東京工業大学 浜田研究室 (澤岡詩野立教大学社会情報教育研究センター, 2012-12-11)
      都市部の一般在宅高齢者の余暇活動と就労状況について明らかにするために,本調査を計画した.余暇活動では旅行に焦点をあてた.就労については,生きがい就労を考慮し,有償・無償に関わらずなんらかの組織に所属し社会に貢献することと定義し,就労を行っているものの特性と就労を探す手段について調査を行った。
    • SE 生活と環境に関する仙台市民意識調査 [Japanese only] 

      SE 生活環境研究会 / 海野道郎 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2011-04-01)
      仙台市民の環境に関する意識を調査した。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/MU 村瀬洋一 (村瀬洋一, 2018-09-10)
      本研究は独自の統計的社会調査を行い、他の調査と比較可能な形で、調査データの計量分析を行うものである。研究目的は、各種の社会意識や行動、復興に関する政策、原子力発電政策への志向、人間関係保有に関して、その規定因を解明することである。とくに、ネットワーク保有と意識の関連に着目する。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/間々田孝夫(代表)/村瀬洋一/河村和徳 (村瀬洋一, 2015-05-18)
      津波がこなかった内陸部での影響を解明し、郡部と仙台市との比較や、過去の調査との比較を行うことを目的とする
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      MU 間々田孝夫(代表) / 村瀬洋一 / 河村和徳 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2012-09-18)
      どのような人々が経済的、精神的打撃を受けたのかについて、災害研究と社会階層研究における、これまでの研究成果を踏まえつつ、仙台市において無作為抽出を行い2100人を対象とした統計的社会調査を実施した。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/MU 村瀬洋一 (村瀬洋一, 2018-09-10)
      本研究は独自の統計的社会調査を行い、他の調査と比較可能な形で、調査データの計量分析を行うものである。研究目的は、各種の社会意識や行動、復興に関する政策、原子力発電政策への志向、人間関係保有に関して、その規定因を解明することである。とくに、ネットワーク保有と意識の関連に着目する。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/MU 村瀬洋一 (村瀬洋一, 2018-09-10)
      本研究は独自の統計的社会調査を行い、他の調査と比較可能な形で、調査データの計量分析を行うものである。研究目的は、各種の社会意識や行動、復興に関する政策、原子力発電政策への志向、人間関係保有に関して、その規定因を解明することである。とくに、ネットワーク保有と意識の関連に着目する。
    • SE 生活と防災についての市民意識調査 [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部社会調査グループ/間々田孝夫(代表)/村瀬洋一/河村和徳 (村瀬洋一, 2017-06-26)
      どのような人々が経済的、精神的打撃を受けたのかについて、災害研究と社会階層研究における、これまでの研究成果を踏まえつつ、2011年に仙台市民を対象に行った調査(2011年仙台調査)の回答者1532人に対して,パネル調査を実施した.
    • SE 生活環境についての新座市民調査 [Japanese only] 

      MU 立教大学社会学部 / 村瀬洋一 (村瀬洋一立教大学社会情報教育研究センター, 2011-04-01)
      ごみ排出や環境問題に関する人々の意識と行動にかんする調査
    • SH 新型コロナウイルス感染症の流行下における人々の意識と行動に関する調査(2021年) [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部2021年度「社会調査演習」/ 曺慶鎬・林雄亮 (立教大学社会学部/曺 慶鎬・林 雄亮, 2023-04-17)
      本調査の目的は、新型コロナウイルス感染症の流行下において、人々がどのような意識をもち、どのように行動しているのかを明らかにすることである。
    • SH 新型コロナウイルス感染症の流行下における人々の意識と行動に関する調査(2020年) [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部2020年度「社会調査演習」/ 曺慶鎬・林雄亮 (立教大学社会学部/曺慶鎬・林 雄亮, 2022-01-28)
      本調査の目的は、新型コロナウイルス感染症の流行下において、人々がどのような意識をもち、それらがどのような行動を促進しているのかを明らかにすることである。
    • SI 新型コロナウイルス感染症の流行下における人々の意識と行動に関する調査(2022年) [Japanese only] 

      RI 立教大学社会学部2022年度「社会調査演習」曺慶鎬・林雄亮/武蔵大学社会学部2022年度「社会調査実習」池田めぐみ/明治学院大学2022年度「社会調査実習」林雄亮 (立教大学社会学部/曺 慶鎬・林 雄亮立教大学社会情報教育研究センター, 2023-09-06)
      本調査の目的は、新型コロナウイルス感染症の流行下において、人々がどのような意識をもち、どのように行動しているのかを明らかにすることである。