Welcome to the social research data archive “RUDA”!

 

With the understanding that social research data are valuable public resources, RUDA engages in collecting, assorting, and preserving social research data in order to make it broadly available for academic and educational use.

 

RUDA is managed by the Center for Statistics and Information (CSI) at Rikkyo University in Japan. An introduction of RUDA in CSI is available HERE.

Note: The majority of archived data is presented in Japanese, and RUDA does not provide English translations of Japanese questionnaires. We hope that researchers with no knowledge of Japanese use RUDA data with the assistance of someone who is fluent in Japanese.

 

Features of RUDA

  • RUDA is especially involved in the collection and preservation of social research data surveyed by the researcher(s) in the Social Science field.
  • RUDA maintains not only the data of national-level surveys but also that of regional-level surveys.
  • RUDA deals with a broad range of research data in the field of Social Sciences.

RUDA welcomes your data deposits. We are collecting any data in any discipline of Social Science, such as Economics, Business Administration, Sociology, Social Psychology, Political Science, Law, Education, and so on.

If you are considering depositing your data, please get in touch with RUDA.

 

Guideline for DATA access and deposit

If you are interested in accessing RUDA data or depositing your own data to the RUDA, please refer to the following guidelines.

 

 

 

For future data user (who are affiliated to research or educational institutions)

After completing your user registration, you will be able to access the data archived in RUDA for academic and educational purposes.

The procedures required to use data are not difficult. Allow RUDA to support your research or teaching.

 

 

For data holders

RUDA strongly appreciates your data deposit! Depositing your data to the RUDA may be useful for your research activities, because …

  • It enhances the academic presence of your research;
  • It ensures the trustworthiness of your research in an academic sense;
  • It provides a reference point against which to acquire research grants;
  • It provides an environment in which you can freely access data;
  • It can contribute to the academic progress and training;
  • It can mitigate any cost of samples through the reduction of an unnecessary social survey.

 

Please see the following for details.

 

 

 

 

 

  • NE 練馬区のまちづくりと自然環境に関する調査 [Japanese only] 

    ME 明治学院大学社会学部社会学科 / 井上公人・久保田仁 (井上公人, 2021-03-15)
    練馬区では,23区最大の緑被率・農地率を生かして都市農業が盛んであり,都市農業や自然環境に関するNPOやコミュニティ・ビジネス活動も盛んである.本調査ではこれらの活動と地域コミュニティの相互関係に着目し,街づくりに果たす役割を考察した. なお、この調査は2015年度明治学院大学社会学部社会学科「社会調査実習」(授業担当者:井上公人、)の授業の一環として実施したものである。
  • TO都市における人々の政治と生活に関する意識調査 [Japanese only] 

    RI立教大学社会学部2019年度「社会調査演習」 (曺慶鎬, 2020-11-25)
    グローバル化する日本の都市社会にあって、日常生活においてしばしば多文化共生や自身のキャリア形成といった課題に直面する人々が、どのような価値観や社会意識をもち、それらがどういった政治・社会的行動に表れているのかを明らかにすることを主たる調査・研究目的としている。
  • KY 居住環境と親族·友人関係に関する調査 [Japanese only] 

    TO 東京都立大学都市研究所・大学院都市科学研究科 都市住民コミュニティ研究室 / 松本康 (松本康立教大学社会情報教育研究センターデータアーカイブ, 2020-10-05)
    住民による居住環境の総合評価を、回答者の居住特性と社会的属性及び親族・友人関係との関連において分析する。
  • SA 産業・職業と地域生活に関する調査 [Japanese only] 

    NA 名古屋大学文学部社会学研究室 / 松本康 (松本康立教大学社会情報教育研究センターデータアーカイブ, 2019-09-19)
    名古屋市における代表的な製造業集積地として南区T学区を取り上げ,住民の居住移動歴や職業移動歴,パーソナル・ネットワークの在り方,地域生活の在り方などを捉えるとともに,それらが特に同地域での製造業の集積とどのような関わりを持っているのか,そして以上の点が時系列的にどのように変容しているのかを探ることを目的とする.
  • TO 都市生活と家族に関する意識調査 [Japanese only] 

    NI 日本女子大学人間社会学部心理学科 教授 石黒 格 (石黒格立教大学社会情報教育研究センター, 2019-07-02)
    1993年に行われた「朝霞・山形調査」(ruda0003)を忠実に再現することにより、日本社会が大きな変動にみまわれた20世紀末から21世紀初頭の、約20年間における日本人の社会関係と家族意識の変化を確認する。

View more